「生活支援サービス担い手(山武市)養成研修」参加者募集のお知らせ

9月29日(土)及び、30日(日)の2日間にわたり、「生活支援サービス担い手養成研修」が山武市役所にて開催されます。当法人主催の無料の講座となっておりますので、大勢の皆さんのご参加お待ちしております。

<募集対象>
 ◎山武市内在住の方で生活支援サービスの担い手として活動する意欲のある方
 ◎2日間の研修に参加できる方

日程:平成30年9月29日(土)・30日(日)

場所:山武市役所車庫棟

費用:無料

定員:30名 ※先着順
申込方法:下記電話までお問い合わせください。
TEL;0475-80-2101 担当:白川、小川
申込期間:
◎平成30年8月20日(月)~9月21日(金)

<生活支援サービス担い手養成研修とは>

少子高齢化は山武市においても深刻な課題です。介護を必要とする高齢者は増えていくのに対し、介護サービスを提供できる働き手が減少していくということが正に現実として進行しております。その課題の一助として、国が推進しているうちの一つが「生活援助中心型の担い手の拡大」です。

これまで、訪問介護員(いわゆるヘルパーさん)は、専門的な勉強をし、また経験を積まないといけませんでした。しかし、その業務の中でも比較的一般的な「生活援助」の部分(例えば、掃除や洗濯、食事の用意など)に関しては、“条件”を満たした方であれば担えるようにしようという施策です。この”条件”と言うのが、「今回の研修を受講した方」ということになるのです。

今回の研修を受講することで、生活支援サービス担い手の修了証が取得できます。この修了証をお持ちの方は、介護事業所にて「特別な訪問介護員(生活援助のみの訪問介護員)」として働くことが出来るようになります。

これまで、何か月も研修に通う時間が無い、あるいは身体介護(食事や入浴、排泄、着替えなどの介護)はちょっと怖いなどの理由から、介護に興味はあっても、もう一歩が踏み出せなかった方々へ、介護に参加しやすくなったと考えていただければと思います。

平成30年度 医療法人社団 鎮誠会 パンフレット(求人用)
PAGETOP